本文へスキップ

シムサーキット有限会社は回路シミュレーションに関連する技術/製品/サービスを提供する会社です。

サービス/製品一覧SERVICE&PRODUCTS

回路シミュレータ販売・サポート

TopSpice 8 (アナログ/ディジタル混載回路シミュレータ)

日本語マニュアル付属(PDF版、当社オリジナル翻訳)
・ユーザーズガイド
・リファレンスマニュアル
  詳しくは以下をご参照ください。


マニュアル製品

「電子回路シミュレータ PSpiceリファレンス・ブック」

体 裁:A5判 472ページ  CQ出版社    森下 勇 著     JAN9784789836326   
定 価 : 3,200円+税
  
 信号源の詳細設定からモデル作成入門まで
 印刷書籍 全国書店または、各種オンラインショップでお求め下さい。

「TopSpice 8 日本語マニュアル」(マニュアル単品)

 シミュレータ製品に標準で添付されているものです。
日本語マニュアル  CD 1枚
 TopSpiceユーザーズ ・ガイド
(PDF版 
A5版換算で347頁
 TopSpiceリファレンス ・マニュアル(PDF版 
A5版換算で291頁
TopSpiceコマンド一覧表
  (1)TopSpice組込部品一覧表 (2)TopSpice過渡解析用信号源ステートメント一覧表
  (3)TopSpiceドット・コマンド一覧表 (4)TopViewポストプロセッサ・コマンド一覧表
 電子マニュアル(PDF版) + 印刷ファイル  ご注文の方法

「何故OPアンプには入力が2つあるのか?」 

          Coming soon
  
OPアンプ回路の設計・解析・実験を、SPICEシミュレータを使って行う場合に必要不可欠な「技術情報」、「万能モデル」、「回路図ファイル」をパッケージにしてご提供します。 
このパッケージで、
  1. OPアンプを使った回路の基本・基礎・本質を、手軽に楽しみながら学習することができます。
    OPアンプ特性の測定、OPアンプ基本回路の実験 etc.
  2. 万能OPアンプ・モデルを活用してシミュレーション解析ができます。
    データシートのパラメータを入力することにより、その特性を再現できる以下のような「万能OPアンプ・モデル」について、その使い方を解説しています。メーカー提供のモデルが入手困難の場合、特性を把握してのシミュレーション解析を行いたい場合など、簡単にモデルを作成することができます。
    ・各シミュレータに組み込まれている万能OPアンプ・モデル
    ・過去に公開されている万能OPアンプ・モデル(本製品に添付)
    ・当社オリジナルの万能OPアンプ・モデル(本製品に添付)
    モデルと回路図ファイルの対応シミュレータは、PSpice、LTspice、TopSpiceです。 
 電子書籍(PDF版)+ SPICEモデル + SPICE回路図ファイル


SPICEマクロモデル作成サービス

使用ツール: TopSpice / LTspice その他
 
  1. ご希望のICや回路素子やモジュールについて、SPICEの主にアナログ・ビヘイビアを使い、モデリングします。
  2. 対象デバイスの特性データシート、要求モデリング機能(どのような機能をシミュレーションしたいか、温特有り無しなど)をご提示下さい。データシートがメーカーサイトより入手可能な場合は、正確な型名のみお知らせ下さい。 特殊なデバイスでデータシートがない、などの個々の詳細条件は別途ご相談となります。
  3. モデリング可能かどうか、問題点の有無を確認し、お見積もりを提出いたします。(基本的に見積無料といたしますが、内容によりお見積り自体をお受け出来ない場合もございます。)
  4. 内容やご要望により、事前に機密保持契約を締結させて頂きます。
【提出データ】 使用したSPICEのシンボル・ファイル(新規作成の場合)、モデル・ファイル、モデルが実現している機能の検査回路図ファイル、画像ファイル(検査回路図、出力波形)  
 お気軽にご相談ください。⇒ お問い合わせ


SPICEを使った回路解析受託サービス

使用ツール: TopSpice / LTspice
   
  1. 回路図と使用デバイスの特性データシート(またはデバイスモデル)、解析目的をご提示下さい。
    回路図は、手書き、画像データ等で結構です。
    特殊なデバイスでデータシートがない、などの個々の詳細条件は別途ご相談となります。
  2. 解析可能かどうか、問題点の有無、解析内容を確認し、お見積もりを提出いたします。(見積無料)
  3. 内容やご要望により、事前に機密保持契約を締結させて頂きます。
【 解析結果報告 】 
  1. 解析に使用した回路図,入出力波形グラフ,レポートを提出いたします。
  2. 解析結果を元に、当社が分かる範囲で、不具合原因への対策等もご提案/ご報告させていただきます。(お打合せによる)
  3. TopSpiceをお持ちの場合は、TopSpice回路図ファイル,その他シミュレーション設定条件もご提出しますのでお客様サイドで更にファイルの活用が可能です。
 お気軽にご相談ください。⇒ お問い合わせ


SPICE入門講座 出張講習

使用ツール: TopSpice / PSpice / LTspice
   
当社インストラクターが出張訪問して、初級者または中級者の方向けの講習を行います。TopSpiceの製品版または評価版使用,PSpice評価版またはLTspiceによる講座も可能です。
「PSpiceリファレンスブック」(CQ出版)をテキストとして、著者を講師としたコースも可能です。
初級者コースならば、回路シミュレーションとは何かという本質から理解していただき、基本的な回路を入力してシミュレーションができるようになります。  
注)Windowsの基本操作を習得されていて、電子回路の基礎知識がある方が対象です。 
【 講習内容例 】  6H/日×1日〜2日
Lesson1. とにかくSPICEを動かしてみよう!
1.インストールの方法 2.プログラムの起動と終了 3.サンプル回路の設定を変えてみる  3.1 回路素子の設定  3.2 解析機能  3.3 実験
Lesson2. SPICEについて知ろう!
4.SPICEとは何?  4.1 回路シミュレータとは  4.2 SPICEの歴史  4.3 回路シミュレーションをする目的とメリット  4.4 解析の種類 5.使用するツールについて  5.1 3つの部分  5.2 TopSpiceの追加機能  5.3 TopSpice製品版と評価版  6.各種解析の設定  6.1 DC動作点解析  6.2 DC解析  6.3 AC解析  6.4 過渡解析  7.信号源の設定  7.1 パルス波形  7.2 正弦波波形  7.3 指数関数波形  7.4 折れ線波形  7.5 周波数変調波形  7.6 乱数波形  7.7 ファイル入力波形
Lesson3. SPICEを使いこなそう!
8.回路図とSPICEステートメント  8.1 SPICEステートメントとは何か  8.2 SPICE回路ファイルの基本構造  8.3 SPICEステートメントの基本ルール  9.SPICEモデルとは  9.1 SPICEで使えるモデルの種類  9.2 基本モデル  9.3 デバイスモデル  9.4 サブサーキット
●添付 TopSpice Demoディスク(TopSpiceコースの場合)内容 :TopSpice Demo最新版 、オリジナル・サンプル回路図ファイル
●オリジナル入門テキストまたは「PSpiceリファレンスブック」(CQ出版)使用  
 お気軽にご相談ください。⇒ お問い合わせ